5分で垢抜ける眉毛脱色!正しいやり方とメリットデメリットについて

ライフスタイル
スポンサーリンク

「眉毛脱色のやり方ってこれであってる?」
「垢抜けるってほんと?」
「デメリットもあるのかな・・・」

眉はちょっと変えるだけで垢抜けたり、野暮ったく見えてしまったりと顔の印象を大きく変える部分。

一本一本太かったり色が濃いとキリッとした印象になるため、キツく見られがち・・・

眉毛脱色することでふわふわの今どき眉に仕上げることができますよ!

しかし、
脱色のやり方を間違えてしまうと、理想の仕上がりにならないことも。

この記事では、

・一気に垢抜ける眉毛脱色の正しいやり方

・眉毛脱色のメリットデメリット

・おすすめの眉毛脱色剤

について紹介しています。

垢抜ける眉毛を手に入れることで、メイクもすっぴんも自信が付きますよ!

スポンサーリンク

眉毛脱色の正しいやり方

失敗しない眉毛脱色のやり方を紹介していきます。

用意するもの

・脱色剤(私はエピラットを使用)

・クリーム(ワセリンや乳液でもOK)

・綿棒

・ティッシュ

・眉コーム

眉毛を整える

眉コームを使って眉毛全体の汚れを落とし、眉毛の毛流れを整えましょう。

汚れを落として整えることで、ムラなく脱色できますし、脱色剤の量も少なく済みますよ。

また不要な部分に塗らなくて済むため、肌負担も軽くなります。

眉毛の周りにクリームを塗る

脱色剤は肌に負担がかかるもの。

美容室でカラーをするとき、髪の生え際にクリームを塗られた経験はありませんか?

それと同じで眉毛も周りにクリームを塗っておくことで、肌荒れを防ぐことができます。

ゆり
ゆり

ワセリンや乳液、アイクリームなど何でもOK。

まぶたは皮膚が薄く肌荒れしやすいので、たっぷり塗っておきましょう!

脱色剤を眉全体に塗る

脱色剤を混ぜ合わせたら、眉毛全体に塗っていきます。

付属のスパチュラでもいいですが、垂れやすく初心者だと失敗しやすいので、綿棒を使うのがおすすめ。

眉尻~眉頭へと毛の流れにさからって塗ったら、眉頭~眉尻に塗ると根本まで綺麗に仕上がります。

3~5分程放置

塗り終わったら、ティッシュをはって3~5分程放置します。

ティッシュをはることで脱色剤がしっかり密着して綺麗に脱色できますよ。

10分以上放置する方もいますが、肌に負担がかかりますし、眉毛が不自然になってしまうのでおすすめしません。

ティッシュで拭き取ったら洗顔する

3~5分経ったら、ティッシュで拭き取りましょう。

軽く洗顔したら、仕上げに化粧水などで保湿し完成です♪

普段から脱色しているので分かりにくいですが、
ビフォーアフターはこちら。

下が染めたほうです。茶色になっているのが分かりますか?

頻度は3週間~1ヶ月程度がおすすめ

脱色自体、肌にかなりの負担がかかります。頻繁に行うと眉毛が抜けやすくなったり、チリチリと傷んでしまう恐れも。

3週間~1ヶ月程度空けてから行いましょう。

すぐに地毛の色が出てきて気になる場合は、眉マスカラを使うのがおすすめ。

おすすめの眉毛脱色剤

おすすめの脱色剤を紹介するので、参考にしてみてくださいね。

エピラット

エピラットの脱色クリームは現在3種類出ていますが、眉毛の脱色なら敏感肌用がおすすめです。

デリケート肌に配慮した処方なので、敏感な眉毛にも安心して使えます。

アンモニアフリーで不快なにおいがしない無臭タイプなのも嬉しいポイント!

ただ、脱色にかかる時間が通常のより倍かかる(個人差あり)ので、スピーディーに脱色したい方はこちらを使いましょう。

エピラットはドラッグストアで手に入りますし、値段も安くコスパもいいので愛用者が多く安心感がありますね。

 

ジョレン

ジョレン(JOLEN)クリームブリーチは芸能人に愛用者が多いイメージ。

雑誌などでもよく見かけるので、ご存知の方も多いでしょう。

アロエ成分が入っているので、肌にやさしく眉にも安心して使えます。

短時間でしっかり脱色できるという特徴があるので、
色が抜けにくいという方におすすめ。

しかし、
取り扱っているお店が少なく、ネットから購入している方が多いようですが、偽物・類似品も出回っているとのことなので購入の際は注意してくださいね。

眉毛脱色で垢抜けるのは本当?メリットとは

眉毛を脱色することでどう変わるのでしょうか。メリットをまとめました。

顔全体を明るく見せる

眉が濃いめだとどうしても顔全体が暗く見えますし、地味な印象になってしまいます。

眉毛を脱色すると透明感が出て顔全体がパッと明るく見え、一気に垢抜けることができますよ。

目元が強調される

眉が濃かったり太かったりすると、眉毛が悪目立ちします。

すると目元の印象が薄くなって、せっかくメイクしても目が小さく見えがち。

眉毛脱色すれば眉毛の印象が薄くなるので、目元が強調されデカ目効果バツグンなんです!

メイクが楽になる

ペンシル、アイブロウをしてから最後に眉マスカラを使っている方が多いと思いますが

脱色後は眉マスカラを使わなくていいのでメイクが楽ちんに!

眉マスカラの失敗でやり直したり、メイク落ちの心配がなくなるのは嬉しいですよね。

やさしい雰囲気になる

眉毛が茶色くなるだけで、顔全体がふわっとしたやさしい雰囲気になります。

色素薄い系女子に憧れている方は絶対に茶色くするべき!

いつもキツそうに見られがち…という方は眉毛を脱色するだけでもガラリと雰囲気が変わるのでおすすめです。

かゆみが出る?眉毛脱色のデメリットとは

メリットがたくさんある眉毛脱色ですが、デメリットもあるのでお伝えしていきます。

すっぴんだと眉毛がないように見える

もともと眉が薄い方だったり、色を抜きすぎてしまったりすると、すっぴんのときの眉が気になるかもしれません。

色を抜きすぎてしまっても、メイクしてしまえば気にならないですし、メイクに時間をかけなくて済むからいいという意見も。

肌トラブルが起きやすい

肌が弱い方は脱色剤でかぶれ、かゆみ、赤みなどのトラブルが起きることがあります。

敏感肌の方は必ずパッチテストを行いましょう。

もし、放置している間にヒリヒリ感やかゆみなど異常が現れた場合は我慢せずに、すぐに洗い流してくださいね。

まとめ

眉毛を脱色することで、一気に垢抜ける顔になります。

脱色して良かったという声がたくさんますが、残念ながら肌トラブルが起きてしまった・・・という方もいますね。

脱色クリームは本来、眉毛に使う目的で販売していないので、すべて自己責任となります。

使う前は必ずパッチテストを行い、安全を確認してから眉に使うようにしましょうね。

タイトルとURLをコピーしました