アーカイブ

ハトムギ保湿ジェルとハトムギオールインワンジェルの違いは?成分や効果、使い方、値段を比較してみた

当ページのリンクには広告が含まれています。
ハトムギ保湿ジェルハトムギオールインワンジェルは、どっちもハトムギエキスを使用したジェル。

どっちもよく似てるのですが、どんな違いがあるのでしょうか?

この記事では下記についてまとめています。

  • ハトムギ保湿ジェルとハトムギオールインワンジェルの違い
  • ハトムギ保湿ジェルがおすすめの人
  • ハトムギオールインワンジェルがおすすめの人

どっちのハトムギジェルを買おうか悩んでる方の参考になれば嬉しいです。

created by Rinker
デジャヴュ
¥3,700 (2024/02/26 00:06:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
岡インターナショナル
¥998 (2024/02/26 14:06:54時点 Amazon調べ-詳細)
目次

ハトムギ保湿ジェルとハトムギオールインワンジェルの違いは?

ナチュリエの「ハトムギ保湿ジェル」とwa*so*senの「ハトムギオールインワンジェル」の違いについてまとめました。

容器の違い

ハトムギ保湿ジェルはジャータイプですが、ハトムギオールインワンジェルはポンプタイプです。

ハトムギ保湿ジェル → ジャータイプの容器

ハトムギオールインワンジェル → ポンプタイプの容器

ポンプ式は急いでる時もサッと素早く保湿できて便利ですね。

成分・効果の違い

メイン成分の違いをまとめました。

ハトムギ保湿ジェルの成分・効果

ハトムギ保湿ジェルのメイン成分は以下の通りです。

  • ハトムギエキス
    →保湿効果
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
    →油溶性ビタミンC誘導体の一種。コラーゲン生成促進。
  • トコフェリルリン酸Na
    →油溶性ビタミンE誘導体の一種。肌荒れケアや保湿効果。
ハトムギ保湿ジェルの全成分はこちら

水、グリセリン、DPG、ジメチコン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェリルリン酸Na、ハトムギエキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、BG、PEG-12ジメチコン、水酸化Na、カルボマー、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、ミリスチン酸オクチルドデシル、トコフェロール、メチルパラベン

ナチュリエのハトムギ保湿ジェルは肌にやさしい処方になっています。

  • 無香料
  • 無着色
  • アルコールフリー
  • ノンコメドジェニックテスト済

ニキビができやすい方はノンコメド処方だと安心感がありますね。

ハトムギオールインワンジェルの成分・効果

ハトムギオールインワンジェルの成分は以下の通りです。

  • ハトムギ種子エキス
    →保湿効果。
  • 3種類のコラーゲン(加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン)
    →保湿効果。うるおい満ちた肌に整える。
  • ヒアルロン酸
    →保湿効果や肌をやわらかくする。
ハトムギオールインワンジェルの全成分はこちら

水、BG、グリセリン、マルチトール、オリーブ果実油、アルガニアスピノサ核油、ハトムギ種子エキス、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、ヒアルロン酸Na、モモ葉エキス、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、ベタイン、アルギン酸Na、キサンタンガム、カルボマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー、エチドロン酸4Na、水酸化Na、フェノキシエタノール、ヘチルヘキシルグリセリン

これ1つに化粧水、美容液、乳液、クリーム、パックの役割が備わっています。

また肌にやさしい処方になっていますよ。

  • 無着色
  • 無香料
  • 無鉱物油
  • パラベンフリー

テクスチャーの違い

ハトムギ保湿ジェルとハトムギオールインワンジェルの使い心地はよく似ています。

SNSの口コミでは下記のような口コミがありました。

  • さっぱりだけど保湿力もあり◎
  • みずみずしいテクスチャー
  • 伸びがいい
  • ベタつかない

どっちもジェルタイプで伸びがよく、たっぷりつけてもベタつかない仕上がりですよ。

使い方の違い

使い方の違いについてまとめました。

ハトムギ保湿ジェルの使い方

基本的には、化粧水のあとの美容液として使います。

化粧水のあとに500円玉大量を2回ほど重ねるのが使用目安です。次に乳液やクリームを重ねましょう。

ちなみにハトムギ保湿ジェルだけで使用しても乾燥しなかったので、オールインワンとしても使っても◎

化粧水なしでも十分うるおいます。

お風呂あがりのとりあえず保湿したい時にも使えますよ。後から重ねるスキンケアの浸透を防ぎません。

ボディにも使用可能です。

ハトムギオールインワンジェルの使い方

化粧水、美容液、乳液、クリーム、パックの機能が1本に備わっているので、洗顔のあとすぐに使ってOK

適量を取ったら肌にやさしくのばしてください。

顔だけでなくボディの保湿ケアにも使えますよ。

値段の違い

ハトムギ保湿ジェルの値段は999円(180g)です。

ハトムギオールインワンジェルの値段は1,430円(300g)です。

ハトムギオールインワンジェルのほうが価格は高いですが、量が多いのでたっぷり使うことができます。

ナチュリエ ハトムギ保湿ジェルがおすすめの人

ハトムギ保湿ジェルはこんな方におすすめです。

  • ニキビ(コメド)がよくできる
  • 肌が乾燥している
  • 化粧水のあとのベタつかない美容液を探し中、
  • 乳液やクリームだとベタつく

ノンコメドジェニックテスト済みなので、ニキビやコメドができやすい方は使いやすいでしょう。

ハトムギ保湿ジェルは楽天やAmazonなど通販サイトで購入できますよ。

created by Rinker
デジャヴュ
¥3,700 (2024/02/26 00:06:41時点 Amazon調べ-詳細)

ワソウセン ハトムギオールインワンジェルがおすすめの人

ハトムギオールインワンジェルはこんな人におすすめ。

  • 1つでスキンケアを完了させたい
  • 肌が乾燥しやすい
  • ベタつくスキンケアが苦手
  • ボディにも使いたい

ハトムギオールインワンジェルはこれ1本ですべてのスキンケアが完了します。

「スキンケアを時短させたい」「いろいろ塗り重ねたくない」という方に向いてますよ♪

ポンプ式の大容量タイプなので顔からボディまでたっぷり惜しみなく使えます。

楽天やAmazonなど通販サイトで購入可能です。

created by Rinker
岡インターナショナル
¥998 (2024/02/26 14:06:54時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:ハトムギ保湿ジェルとハトムギオールインワンジェルの違いは?成分や効果、使い方、値段を比較してみた

ハトムギ保湿ジェルとハトムギオールインワンジェルの違いについて紹介しました。

個人的には、ハトムギオールインワンジェルはポンプタイプで容量たっぷりなので、全身ケアしたい方におすすめしたいです。

ハトムギ保湿ジェルはノンコメドジェニックなのでニキビができやすい方におすすめしたいです。

どっちも楽天やAmazonなど通販で気軽に購入できるので、気になる方はぜひお試ししてみてくださいね。

created by Rinker
デジャヴュ
¥3,700 (2024/02/26 00:06:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
岡インターナショナル
¥998 (2024/02/26 14:06:54時点 Amazon調べ-詳細)
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次